月刊ケアマネジメント
ホームページ内検索
検索
見本紙のお申し込み 定期刊行物・書籍のお申し込み お問い合わせ
Home 月刊ケアマネジメントについて 福祉関連書籍 環境新聞社の概要
イベントのご案内 インデックスに戻る
神奈川県回復期リハビリテーションソーシャルワーク研究会 (2018/03/30)
 内容:テーマは「患者・利用者の『主体性の再構築』をデザインする!!〜意思決定支援のアプローチを多職種で考える!」。三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長の長谷川幹氏が「主体性をひきだす支援とは!?〜急性期・回復期のソーシャルワーカへ、セラピストへ、看護師へ、介護士へ、そして生活期支援者へ! 生活期で花を咲かせてもらうために急性期・回復期リハは何をすべきか?」と題し基調講演する。招待講演では漫画家の有賀リエ氏と、脊髄損傷当事者の阿部一雄氏が、阿部氏をモデルに執筆した漫画『パーフェクトワールド』の魅力と作品が投げかける課題について対談する。
 シンポジウムのテーマは「いまなぜ『意思決定支援』? 支援者の在り方を考える! 」。日本理学療法士協会副会長の斉藤秀之氏、九州栄養福祉大学教授で作業療法士の渕雅子氏、鵜飼リハビリテーション病院 リハビリテーション部長で言語聴覚士の森田秋子氏、NTT東日本伊豆病院 脳卒中リハビリ認定看護師の一宮禎美氏、長谷川氏らが登壇する。ファシリテーターは、リハビリ専門医の石川誠氏。定員は450名。
 ▽日時:4月21日(土)12:50〜18:00/場所:横浜開港記念会館講堂/参加費:3,000円/問い合わせ:0467-32-4125(聖テレジア病院)
定期刊行物
最新号の内容
次号予告
バックナンバー
各種情報コーナー
ケアマネニュース
イベントのご案内
セミナー・講習会のご案内
ケアマネジャーの声
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.