月刊ケアマネジメント
ホームページ内検索
検索
見本紙のお申し込み 定期刊行物・書籍のお申し込み お問い合わせ
Home 月刊ケアマネジメントについて 福祉関連書籍 環境新聞社の概要
ケアマネニュース インデックスに戻る
柴口氏が会長に再任「次期改正、全員参加で」
6月23日 日本介護支援専門員協会 総会
(2019/07/30)
日本介護支援専門員協会は6月23日、都内で第11回社員総会を開催した。任期満了に伴う会長候補者理事選挙では、現会長の柴口里則氏(福岡県)が再任。対抗馬はなく、有効投票数84票のうち83票を集め、実質的に信任投票となった。任期は2年間。次期改正に向けて利用者負担導入の議論が本格化する中、柴口会長の2期目がスタートする。
再任後の挨拶で柴口氏は、あらためて全員参加型の運営を強調。「次期改正・改定に向けて勝負の年となる。最前線で頑張るケアマネジャーが夢を持てるような職能団体にしていきたい」と述べた。
また全国選出理事選挙も同日に実施され、11人の立候補者から10人が選出された。6年前まで初代会長を務め、2013年には参院選にも出馬した木村隆次氏も理事選挙に立候補し、当落が注目されたが、獲得票数29票で補欠当選となった。
このほか、これまで介護給付費分科会の委員等も務めていた小原秀和副会長は今選挙では立候補せず。新たに理事となった牧野和子氏が、会長の指名を受けて副会長に加わった。
新執行部は以下の通り(五十音順、敬称略)。〈会長〉柴口里則(所属支部=福岡県)・〈副会長〉七種秀樹(長崎県)、テ掴詑А並膾緝棔法∨厂醢損辧陛豕テ圈法Α匸鑁ねZ泅R斉眞L蕁癖叱妨@法ア涵梢キ泄ノ務て察法⊃恵楼豺澄兵Zd膰@法ツ攤ー躬辧癖_カ@法チ耄唸位澄癖叱妨@法ナ祝楴藕@憤饐觚@法∋嚇長筺併綾展@ヒ
定期刊行物
最新号の内容
次号予告
バックナンバー
各種情報コーナー
ケアマネニュース
イベントのご案内
セミナー・講習会のご案内
ケアマネジャーの声
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.